LINEスタンプの作成・売り上げを伸ばすコツ☆

LINEスタンプ

お疲れ様です。
はるさらと申します。

今回は「LINEスタンプ」作りの
コツについてお話しします。

 

スタンプ作ってみたけど売れない・・・
売れるコツを知りたい!

なんて方に自分が気を付けている
ポイントやコツを連携します♪

 

記事を読む前に注意!

この記事でLINEスタンプ作成のコツを
少しでもお伝えできればと思いますが・・・

月数万円以上の稼ぎを
保証するものではありません!

売上が全くない状態から
ポツポツと売れ始めるなー
くらいのレベルになりたい方へ向けて〜
と思っていただければ幸いです。
(私のスタンプ収益も
お小遣い程度でしかないので・・・笑)

 

スタンプ作成のコツ

さて!スタンプを作って
売上を出すぞ!!!

と、意気込んでも
なかなか簡単に売れ出すものでもありません。

さて、一旦どんなスタンプを
作成していますか?

・可愛い人気の出そうな動物スタンプ
・ユニークなキャラを作ったスタンプ
などなど・・・
いろいろ浮かんできますよね??

ですが一旦、大衆向けスタンプを
作る考えは捨てましょう!!

少しでも売れるスタンプを作るためには
「ニッチ戦略」で行きましょう!!!

 

ニッチ戦略とは?

誰も注目していない
隙間を狙って進出しようという
ビジネス上の戦略のことです!!

大衆受けを狙って
たくさんライバルがいる中で戦うよりも

対象を絞って
ピンポイントな層に受ける
商品を作成する。
といったイメージとなります!

 

どんなスタンプを作れば良いのか??

なかなか、名がしれていない状態では
手間暇かけてせっかく作ったスタンプでも
日の目を浴びにくいことがあります・・・

そこでニッチ戦略の出番です!

様々なスタンプが作成されている今、
大衆向けのスタンプは
すでにたくさんあり埋もれてしまいます・・・

なので、あなたの得意なジャンルを
武器にしてしまいましょう!!

 

「部活」


あなたは学生時代は
どんな部活に所属していましたか??
テニス、サッカー、野球・・・
もしかしたら、アイスホッケーや
少林寺拳法部なんて方もいたのでは!?

そこで。部活に入ってたからこその
あるあるや、専門用語などはありませんか?

 

それこそが武器になります!!

珍しい部活であればあるほど
ライバルとなる、
他の販売数も少なく、
売れる確率は上がります!

 

「出身」


あなたの出身はどちらでしたか??
もし、方言などを使用していましたら・・・
それらもチャンスになります!!

確実に、欲している方いる・・・かつ
競争相手も「全国→地方」での戦いに!
ライバルは少ないはずです!!

 

「仕事・バイト」

こちらも、部活と同じ原理です。
コンビニ店員、トラックの運転手・・・
デザイナー、医療従事者などなど・・・。

働いているからこそわかる
ネタを作って行きましょう!

 

最後に

自分に関わっている
スタンプって欲しくなりますよね??

しかも、専門的なスタンプがあったら・・・

「お!わかってるね!!」

と、少し嬉しくなったりします笑

でも、なかなか欲しいスタンプが
売っていなかったり・・・
そもそも種類が少なかったら・・・

そこまでクオリティが高くなくても
買ってしまいませんか??

そこを狙って作成していきましょう!!

 

スタンプの1セットあたり
8,16,24,32,40個と販売できますが・・・
少ないとやっぱり売れません。

できれば40個、32個での
販売を頑張ってみてください!!

 

まずは40~50個ぐらい
あるあるや、専門用語を箇条書き
書き出してしまってから・・・

スタンプにしやすいものや
使いやすそうなものを抜粋して
作成していくのがおすすめです。

使わなかったアイデアも取っておけば
第2弾を作るときにも使えたりしますよ♪

 

ニッチ戦略で売れ始めてから・・・
大衆向けの超大作に
挑んでみると、売上も大きく変わるかも!?

それではまたーー!!!