【cmd】コマンドプロンプトを使ってフォルダを一括生成する方法(mkdir)

仕事・IT

お疲れ様です。
はるさらと申します。

今回は階層化したのフォルダを
大量にサクッと作成する方法を記載します。

 

やりたい事

たくさんフォルダを作成する必要があるときに
一つずつ右クリックから新規フォルダを作って…

を繰り返すのって、とても大変ですし
単純作業が故に、
フォルダ名を間違えてしまいがちですよね…

そんな時はコマンドプロンプトから
一気にフォルダを作成してしまいましょう!

 

方法

まずは「コマンドプロンプト」を起動しましょう。
スタートメニューで「cmd」と検索すると
見つけやすいです!

 

コマンドプロンプトを起動したら
cdコマンドを使用して
フォルダを作成したいファイル内まで移動しましょう。

↓今回は赤線の箇所にある、「練習フォルダ」の中にフォルダを作っていく

 

フォルダを作成するコマンドは
「mkdir」コマンドです。
(make directoryの略です)

試しに下記の様にコマンドを叩いてみましょう。

「mkdir テスト」を打ち込んで
エンターキーを押したのち、

実際にフォルダ内を見てみると
テストフォルダが作成されていることが
確認できます。

 

複数フォルダを作成する

先ほどの様に
1つフォルダを作成するなら
右クリック→新規作成してしまった方が早いですが・・・

 

30個くらいフォルダ作っておいて~

上司から無茶な指示を出されても・・・
mkdirコマンドを使えば
一括でたくさんをフォルダを作成することが可能です!

 

・下記のような指示が来た場合

 

一例ですがExcelで文字列結合などを行って
下記の様にmkdirコマンドを量産し
D2~D31セルをまとめてコピーします。

(以下は「=$A$2&” “&D2」で結合しています)

それをコマンドプロンプト上に貼り付けてしまえば
一気にフォルダを作成することが可能です♪

 

↓フォルダが作成されていますね。

 

フォルダの中にフォルダを作りたい場合

新しく作成するフォルダの中に、
その中にもフォルダを作成しておきたい場合
「\」を記載した後ろに子フォルダも記載してあげれば

・「テスト31」フォルダ
・「テスト31」フォルダの中にある「サブフォルダ」を
一気に作成することができます。

↓フォルダが作成されていますね。

 

手間のかかる作業ほど
効率的に進めてしまいたいですね♪

それではまたー!