【FFFTP】改行コードが勝手に変わってしまう時の対策

仕事・IT

お疲れ様です。
はるさらと申します。

今回はファイル転送ソフトの
「FFFTP」で少しつまづいたため
起きた事象と
解決方法を記載していきます。

 

やりたい事

FFFTPを使用して
txt ファイルを転送した時に

下記の様に改行コード
「LF」で転送したいのに

 

転送先で開いてみると
「CRLF」に変換されていた。

これに気づかず色んなジョブや
バッチを疑っていた時間が
もったいなかったなぁ・・・

 

そんな事象の
解決方法を記載していきます。

 

※ちなみに
LFはUNIX系
CRLFはWindows系
で使われる改行コードになります。

 

改行コードの差異は
シェルスクリプト等を動かすときに
陥りやすい罠となります。

方法

まずは下記写真の
赤線部分を確認してください。

こちらは転送モードを表しており
・アスキー転送モード
・ファイル名で転送モード切替

 

アスキー転送モードでは
「ファイル内の改行コードを
自動変換して転送」

する機能があります。

 

意図せずファイルが破損されることがあるため
下記の対策で変換されないように
対策してあげると良さそうです。

 

転送モードを変える

「B」と書いてある
バイナリ転送モードに変更することで

不用意に改行コードが
変わってしまうことを
防ぐことができます。

 

アスキーモードリストから外す

ファイル名で転送モード切替
を選択している場合は

リストに登録されている
拡張子のファイルに対して
アスキー転送モード
適用されるようです。

 

「オプション」→「環境設定」

 

「転送1」の中に
アスキーモードが適用されている
拡張子が登録されています。

転送するファイル形式を
リストから削除しておくことで
こちらも改行コードの
変換を防ぐことができます。

 

 

 

それではまたー!!