仕事・IT

IT企業への就職をあきらめそうな方へ送る5つの大丈夫なポイント!!

お疲れさまです。
はるさらと申します。

 

私は現在SEとして
お仕事をさせてもらっているのですが

以前、とあるIT系の専門学校を
訪問させていただいた際に
こんな相談をされました。

『プログラミングの授業が分からなすぎて
学校を辞めたいと思っている。』

 

私も、学生時代に同じことを思った時期があり
とても気持ちがわかりました。

プログラミング難しい。
IT系の仕事なんて自分には無理だ。。

そう思っている学生さん
意外と多いのではないでしょうか?

少し働いてみて無理そうなら辞めよう。
そう思いながら働いていましたが…

今の所なんとかなっており、
安定したお給料も頂けております。

 

なので今回の記事は…
専門学生、大学生で
IT系の学校に入った
もしくは勉強してみたけど…

思ったより難しくて諦めようと
考えている方へ向けて

就職してみたら
案外なんとかなる5つのポイント
紹介します!!!

少しでも不安解消に繋がれば幸いです!!

 

新人研修があるから大丈夫

新卒で入社した場合
基本的には「新人研修」があります。

中途採用でも研修が受けられる企業も多く
初めてIT企業に勤める方にとっても
優しいスタートとなっています。

 

私が新卒で入った会社でも
基本的なIT系の知識
Java,HTMLなどの言語学習などの
研修期間が3ヶ月ありました。

研修内容も
初めてプログラミングに触れる
未経験者に向けて
設定されていることが多いため…

入社してから
一からしっかり学ぶことができます。

 

私自身、学生時代は
プログラミング全然分からない・・・
こんなんじゃ、就職できないよ・・・

という状態でしたが
学校で学んだ微々たる知識や
(あ、この言葉聞いたことあるなー
程度で大丈夫です!)
1から学べる環境のおかげで

研修の内容は
すんなり頭に入ってきました。

 

予備知識があれば
俗にいう
「強くてニューゲーム」状態に
なれます。

現在学生の方は
今からでもよいので
授業はしっかりと聞いておきましょう

 

誰かの下につくから大丈夫

研修を終えると
チームへの配属となります。

初めての配属ということもあり
しっかりと仕事ができるか
不安がよぎるかもしれません。

 

でも、大丈夫です!!

初めの仕事は
チームの誰かの下について
お手伝いする形が多いです。

 

企業によってはOJT期間(※)があり
ある程度一人で仕事ができるようになるまで
面倒を見てくれる先輩がいたりしますので
新人であることを生かして
積極的に色々質問していきましょう!!

OJTとは?
現場の上司や先輩が
業務を実践しなら、
必要なスキルや知識を教えてくれるシステムです。
対象の部下とコミュニケーションをとりながら
手厚く教えてくれます。

 

先輩方は皆さんが
新人だとわかっていますので
無茶な仕事は割り振ってきません。

 

ですが、気を付けておきたいのは
・分からないことはしっかりと質問すること。
(知ったかぶりも当然NG)

・「報告・連絡・相談」を怠らないことです。

 

上司、先輩は皆さんがどこまで分かっていて
何に困っているかまでは把握していません。

常に自分から発信して
躓いたときは
早めに助けを求めるようにしてください。

 

失敗を隠蔽しようと
自分でどうにかしようとすると

逆に悪化しますし、
後にばれます。
絶対に相談に行くようにしましょう。

 

前任者の遺産があるから大丈夫

いきなり、設計書やコーディングを任されても

どうやって書けばよいのだろう??

と困ってしまいますよね。

 

そういう時は
自分よりも前に担当していた人や
有識者の方に
過去に作成された成果物
参考になりそうな資料がないか
確認してみてください。

完全に新規の開発でない限りは
似たようなことを実装している
設計書やソースがあります。

 

真似することが上達への近道です!!
そこで分からないところは解決するようにして
自分の知識として蓄えていきましょう♪

 

他の職種もあるから大丈夫

プログラミングが出来なくても
運用系や、営業
カスタマーセンターなど職種も様々あります。

IT系企業に入ったからといって
必ずプログラミングスキルが
必要なわけではありません。

知っているに越したことはありませんが・・・

例えば、
入社してから営業職に進める可能性もあります。

システム運用の職に就けば、
プログラミングというよりも
システムの監視
コールセンターに近い業務が多くなります。

プログラミングが得意な方に
プログラマーやSEは任せて

自分は別の観点から
IT企業として活躍するのも
全然アリです!!

こちら「マイナビ」様のサイトなのですが
IT系の職種について
詳しく乗っている記事になります。

どんな職種があるのか気になる方は
ぜひ覗いてみて下さい。
https://job.mynavi.jp/conts/2023/complete_guide/shokushu/it/

 

無理そうならやめれば大丈夫

就職してみて
自分に合わなければ
辞めてしまえばOKです!!

転職に悪いイメージを
持っている方もいるかもれません。

自分に合わない会社、職種で
辛い思いをしながら人生を過ごすなんて
もったいないです!!

 

私は3年で新卒で入った会社を辞め
別の会社に転職しました。

先輩の話を聞いてみたところ
給与が全く増えないし、
人間関係もちょっとしんどい

なんて思っているときに
転職エージェントさんに相談に行ったら
好条件でサクッと
次の会社が決まりました♪

給料も増え、待遇もよく
ホクホクでした♪
無料で相談に乗ってくれる
エージェントさんもたくさんありますので
合わなければ辞める!

それくらい割り切って考えで
就職した方が気が楽かもしれませんね。

 

最後に

上記の理由から、
案外何とかなります。

私自身プログラミングは苦手でしたが
何とか乗り切っています。

IT系の企業に入って気づいた事が
プログラミングの知識よりも
コミュニケーション能力のほうが
大切だということです。

 

素直に周りの意見を取り込んで
実践してみたり、

疑問点を相談に行ける。
報連相がしっかりしている等。
チームで仕事をする以上
そのあたりが大切な点に思えました。

会社で経験を積んでから
独立することだって
夢ではありません!

悩んでいる方はぜひ
IT系企業への就職を諦めずに
挑戦してみて下さい。

一緒にIT界隈を盛り上げていきましょう!!
それではまたー!!


-仕事・IT