【Unity-2019.4.23f1】JDK not foundが出た場合の対処

Unityメモ

お疲れ様です。
はるさらでございます。

 

今回の記事は
「久しぶりにUnityを更新したら
Androidのビルドでエラーが出た!
UnityException: JDK not found
って出てるけど、どうしよう・・・」

なんて方向けの対応策のメモとなります。
(まぁ、私が陥ったのですが・・・笑)

手順

特に難しいことは行いません。
下記の手順で確認してみてください!

 

1.「Unity Hub」を開く 赤丸の個所をクリック

2.「モジュールを加える」を押下

3.「Android Build Support」の赤丸の個所にチェックを入れて
「実行」を押下。画面の指示に従ってJDKをインストールする

4.「環境設定」→「外部ツール」より、
  赤枠の個所にチェックを入れる

 

これで、再度ビルドを行えば
問題なくビルドができるはずです!!
(他の個所にエラーが起きていなければ・・・)

まだ、同じエラーが出ている場合は
プロジェクトをいったん閉じて
開きなおしてみてください。

 

 

Unity勉強方法のおすすめ

今、Unity,C#勉強中なのですが
目標はAndroidでゲームをリリースして
みんなに遊んでもらうことです!!
(あわよくば広告収益も・・・)

 

Unity初心者の私が勉強につかっている書籍なのですが
「いたのまんぼう」さんが執筆された
こちらの本を見て勉強しています!

【UnityではじめるC# 基礎編】

【Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門】

ご存じの方も多いであろう、
Unity2Dゲーム界では有名な書籍です。

「知識ゼロでも大丈夫」
実際に、この本を見ながら進めていけば
・脱出ゲーム
・2D横スクロールゲーム
・パズルゲーム
・クッキークリッカー風ゲーム

等を作成することができます。

 

同じような書籍に乗っている
コードのサンプルなどって、
ゲームの一部分しか載っておらず。

他の機能を搭載しようとすると
自力で調べなければなりません。。

調べている間に混乱してきて・・・

よくわかんないや。やーめよ

 

なんて事象が、プログラミングの学習などに
よく見受けられるのですが・・・。

せっかく勉強しようと思ったのに
もったいないですよね・・?

 

上記の書籍はアプリとしての完成度が高く

タイトル画面を表示して、
遊ぶゲームを作って、
結果画面や、次のステージが解放される仕組みを作って
BGMや効果音を付けるなどなど。

ゲームアプリとして必要な知識や手順が
分かりやすく説明してあります。

 

正直な話、こちらの手順を見ながら
画像やタイトル、BGMなどを自己流に変えてしまえば
すぐにリリースできるくらいのアプリは完成してしまいます・・・!

アプリをリリースする。といったゴールが明確にあると
モチベーションの維持にもつながりますので
とてもおすすめの書籍になります!!

 

それではまたー!!