おすすめアイテムをいくつか紹介

広告ブロックがONになっていると表示されないことがあります。



Homebrewインストール方法【M1 Mac】

今回はM1 MacでのHomebrew(ホームブリュー)
インストール方法を記録しました。

Homebrewは特にMacを使用してプログラミングを
しようとするならば必要不可欠となるものかと思います。

  • これからHomebrewをインストールしようとしている方
  • Homebrewって聞いたことあるけど、なにができるか知りたい方
  • Macにいれときたい便利ツールが知りたい方

そんな方々の参考になると嬉しいです。

そもそもHomebrewってなに?

まず、そもそもHomebrewってなんぞや?
というお話を少しだけ書いてみます。

Homebrewとは、Macユーザーの間ではもはや
デファクトスタンダートとなっているパッケージマネージャーです。

パッケージマネージャーってなに?

ソフトウェアのインストールやアップデートを一元管理してくれるプログラムです。

「デファクトスタンダードになっている」と書きましたが、
インストールしていなくても何も困ることはありません。

ですが、インストールしておくことで
得られるメリットもあります。

Homebrewをインストールするメリット

メリット
  • Homebrewを使ってインストールされたソフトウェアは、
    Homebrewを使って管理することができる

Homebrewができることは、
ソフトウェアのインストールやアップデートです。
「できること」自体がメリットそのものと言えるでしょう。

メリットに関するシチュエーション例

例えば、とあるソフトウェア「ほげふがソフト」
(※超絶仮名)をインストールしようとしているとします。

そして「ほげふがソフト」には
2種類のインストール方法があります。

  1. インストーラーをダウンロードしてからインストールする方法
  2. Homebrewを使用してインストールする方法

このとき、それぞれのインストール方法で今後生じる差分は下記となります。

インストーラーを使用した場合
  • 「ほげふがソフト」をインストールしている情報は、
    アプリケーションフォルダを探すなどしないと見つけることができません。
Homebrewを使用した場合
  • 「ほげふがソフト」をインストールしている情報は、
    ターミナルからワンコマンドで確認することができます。
  • ソフトウェアのアップデートもターミナルからワンコマンドで実行できます。

Homebrewを使ったソフトウェアインストールは、
一長一短かもしれません。

しかし、このメリットが少しでも自分に合っていると思った方は
Macライフのお供にHomebrewを添えてみてもいいと思います。

公式サイトはこちらから

詳しいドキュメントもこちらから参照できますので、気になる方は読んでみてください。

Homebrewインストールの流れ

では早速、Homebrewをインストールしましょう。

Homebrewのインストールはターミナルを使用して実施します。

STEP

まず、下記インストール用のコマンドを、ターミナルで実行します。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
STEP

コマンド実行後はパスワードの入力やEnterの入力を求められます。
そのまま進めていって問題なければ、指示通りに入力を進めます。

STEP

その後、コマンド実行が終了するのをしばらく待ちます。
そのうち「Installation successful!」というメッセージが出力されます。これでHomebrewのインストールは完了です。

Homebrewインストール完了後の表示です。

しかし、NextStepsとして「次の 2 つのコマンドを実行して、Homebrew を PATH に追加してね」と言われています。
指示通り、2つのコマンドを追加実行しておきましょう。

STEP

最後に、brew -vコマンドでHomebrewのコマンドが
使えるようになっているか確認します。

実行結果としてHomebrewのバージョンが出力されていればOKです!

Homebrew 4.0.10がインストールされてます!

最後に

いかがだったでしょうか。

プログラミングをするためにHomebrewを必ず必要とする方もいれば、
そうでない方も多いと思います。

本記録がそれぞれのMacライフを
よくするための検討材料になりましたら嬉しいです。