レビュー・商品紹介

Anker Soundcore Life Note 3Sをレビュー Anker初のインナーイヤー型イヤホンはコスパ最高だった!?

https://harusara22.work

お疲れさまです。
はるさらと申します。

今回は2022年5月17日に
Ankerより発売されました
soundcoreシリーズの新作
『Anker Soundcore Life Note 3S』
購入しました。

通勤時の電車や徒歩移動中に
使用しているのですが
個人的にはとても満足しております♪

詳しくはこれから記載していきますが
記事の前半では
『Anker Soundcore Life Note 3S』のスペック
レビュー、評判についてを。

後半の方では
実際の画像を用いて
よく比較される
AirPodsシリーズとのサイズ比較等を
記載していきます。

購入を悩んでいる方や
インナーイヤータイプのイヤホンが
気になっている方等に
参考になればと思います。

先に結論を記載すると
・Apple製品で使用しない
・イコライザーをカスタムしたい
・コスパよくインナーイヤー型がほしい!

なんて方にはおすすめできるイヤホンとなります。

soundcoreシリーズとは?

Ankerが発売している
オーディオ系商品のシリーズで

下記の様なイヤホンヘッドホンの他に

スピーカー

会議用のマイク
ヘッドセット等も発売されています。

今まで発売したイヤホンは
全てカナル型でしたが
今回初めてインナーイヤー型
イヤホンが発売されました!

カナル型は耳が痒くなって嫌だ…

なんて方にはもってこいの商品ですね♪

カナル型
耳栓の様なイヤーピースが付いており、
耳の奥に入れ込んで使用するタイプ。
フィット感が良く、音漏れもしずらく、
音楽に没頭したい方におすすめ。

ただ、先程も記述したように
耳が痒くなってしまう方や
圧迫感で長時間使用するのがしんどい方も
いるようです。

カナル型イヤホンイメージ

インナーイヤー型
一方、インナーイヤー型は
耳の入り口に引っ掛ける形で
装着するタイプとなります。

インナーイヤー型で認知が高いのは
AirPodsシリーズとなります。
密閉性は低く、周囲の音も聞きやすい反面、
音漏れはカナル型よりも気になるため
電車、バスなとで使用する際は
周りへの配慮が必要なこともあります。

インナーイヤー型イヤホンイメージ

Anker Soundcore Life Note 3Sのスペック

【重さ】
約59g (充電ケース含む) / 約4.3g (イヤホン本体 片耳)
【防水規格】
IPX4
【再生可能時間】
最大5時間 (イヤホン本体のみ) / 最大35時間 (充電ケース使用時)
【充電時間】
約1.5時間 (イヤホン) / 約3時間 (充電ケース)
【充電端子】
USB Type-C
【Bluetooth規格】
Bluetooth 5.2
【パッケージ内容】
Soundcore Life Note 3S、充電ケース、
USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、
安全マニュアル、
18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート
【製品型番】
A3945N11 (ブラック) / A3945N21 (オフホワイト)


※公式サイトより引用

値段は
¥6,990円となっていますが

Anker製品はAmazonでよくセールを行っているため
タイミングが良ければ
もっとお得に購入ができると思われます。

イヤホン片方が
大体10円玉1枚の重さと
同じくらいと記載があり

長時間の仕様でも疲れにくいのが
ありがたいです。

他にもsoundcoreの
公式アプリを使えば
イコライザーのカスタムも可能です。

音にこだわっている!
低音を引き立たせたい!

なんで、こだわりがある方も
自分の好みでカスタマイズが可能になります。

Anker Soundcore Life Note 3Sの評判

ここからはレビュー等に記載された
良いところ、イマイチなところについて
記載していきます。

良いところ

AirPodsよりドンシャリ傾向で迫力ある音です。より耳の中にれるため、他のカナル型イヤホンに比べて音量も大きく遮音性も高いです。
室内のみ使用ですが、音切れや遅延も見られず安定性は良好です。

これは長時間着けていても痛くなりませんし、安定した装着感です。
Airpodsの2と3のいいとこ取りみたいな感じです。
スペック値で重さはAirpodsとさほど変わりませんが、体感上Airpodsより軽いと感じます。

総合的に見て良好です。
まず音質ですがインナーイヤー型の時点で迫力や音圧は捨てています。
その上で評価されるポイントはクリアな音質だと思いますが概ね不満はないです。

イマイチなところ

イヤホンを外すと自動で音楽が止まりません。
Airpods感覚では使えないですね。

明るめのカラバリ希望します。
グレーとかピンクとか。

Anker初のインナーイヤーということで即購入しました。
結論から言うと都内、朝の駅では電波がブツブツ切れたり
左右の音がズレたりとまともに利用できません。
AirPodsでは全く問題なかったのですが。。。

評価のまとめ

装着感は評価されており、
本体の軽さもあって
長時間使用で疲れにくいのがいい感じですね♪

AirPodsの半額以下で購入できるため
コスパの良さも評価されているようでした。

一方、イマイチな点としては
色がブラック、オフホワイトの2色しかないことや
電波が途切れるといった記載もありました。

ワイヤレスイヤホンで音が途切れるのは
かなりのストレスになりますね・・・

私は通勤時に
比較的混雑している電車内で使用しても
途切れたことはなく快適に使用できております♪

実際の商品画像

パッケージの画像

パッケージ表
パッケージ裏

内容物画像

本体、説明書、Type-CのUSBが入っている

本体画像

本体画像1

本体画像2

AirPodsとのサイズ比較


左:Anker Soundcore Life Note 3S
中:AirPods(第2世代)-16,800円(税込)
右:AirPods(第3世代)-23,800円(税込)

ケースのサイズ感 

イヤホン本体のサイズ感

ケースを見ても、
耳に引っ掛ける部分を見ても
AirPodsシリーズよりは一回り大きい印象。

ですが、重さは同じくらいのため
快適に使用できる
もちろん激しめに頭を振っても
ポロっと落ちることはありませんでした!!

Anker Soundcore Life Note 3Sのまとめ

本記事は
『Anker Soundcore Life Note 3S』
について記載しました。

私が購入した理由としては
カナル型イヤホンは
耳の産毛に干渉して
耳が痒くなってしまうので
新しいインナーイヤー型の
イヤホンを探していました。

家ではiPadで
動画を楽しむことが多いため
AirPodsを使用しているのですが

メインスマホはAndroidのため
外出用にイヤホンを分けたいと思い
コスパの良い
「Anker Soundcore Life Note 3S」
を購入しました。

個人的には音質面でも
機能面でも満足しており

インナーイヤー型を試してみたい
といった方の入門機としても
オススメできる商品となります!

参考になれば幸いです♪
それではまたー!

-レビュー・商品紹介
-